top of page

顎口腔機能診断施設 自立支援指定医療機関

矯正治療が必要な歯並びとは、どんな歯並び?


上顎前突(出っ歯)

もともと生まれつきの上顎前突の他、指しゃぶりなどの癖によっておこることもあります。

上の前歯4本が大人の歯にはえかわるころ(6~7歳位)から治療を開始するのが良いと思います。指しゃぶりの癖はなるべく早く治るとよいでしょう。



下顎前突(受け口)

反対咬合は乳歯(子供の歯)の時にわかります。乳歯列期に治療を開始する場合も多くあります。歯の異常に気がついたら、早めに矯正歯科へ相談に行くことをおすすめします。


叢生(そうせい)

いわゆる歯の並びがガタガタしていることです。八重歯ともいいます。すき間の足りない場合は、矯正治療によって歯を動かしてすき間をつくります。歯のはえている向きが悪い場合は、矯正治療によって歯の向きを良い方向へ変えていきます。


開咬(かいこう)

奥歯だけ上下の歯が咬み合って、前歯が咬みあわないことを言います。生まれつきの場合もありますが、指しゃぶりによってもおこります。


交叉交合(こうさこうごう)

噛み合わせが左右にずれている歯並びで、あごや顔が左右に曲がっていることもあります。奥歯で物を強く噛んだり、歯をくいしばることができないこともあります。


すきっ歯

正式名は空隙歯列(くうげきしれつ)。歯と歯の間が開いている状態。歯そのものの大きさが小さかったり、歯に対してあごが大きいことなどが原因。


過蓋交合(かがいこうごう)

上の前歯が下の前歯に深くかぶさっている咬み合わせ。時には舌の前歯が上の前歯に隠れて見えないこともあります。


留言


bottom of page